FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年04月18日 (月) | 編集 |
スポンサードリンク


南の国の地震は徐々に余震は収まりつつあるけれど、それに伴い被害の全容も露わになってきて、心が痛い。
私にはわずかばかりの募金しかできないけれど、避難されている方が一日も早くゆっくりと眠れる夜を迎えられるようになってほしいと願うばかり。

混乱が続く、被災地だけど、この混乱に乗じて、空き巣も増えているそうだ。
思いやりのカケラものない行動には腹立たしさが起こるけれど、これもまた人間のサガなのだろう。

人の不幸を踏み台にしてまで利益を得ようとする人
僅かな年金やお小遣いからでも募金しようとする人

善と悪と相反するけれど、とぢらも同じく人間なんだよね

東日本大震災の時でさえ、津波被害に合われた家には軒並み泥棒が入ったと聞いた。
私の知っている人の家も被災直後から明らかに人が荒らした後があったそうで、その非情さに愕然としたそうだ。

あれから5年

また多くの人を苦しめる地震が起きてしまった。
日本に住む限り何処で起きても不思議ではないというけれど、やっぱり起きないで欲しい。

5年前も再就職して年明けに大きな地震
今回もまた再就職して、年明けに地震。

津波被害のあった仙台松島も今回の熊本阿蘇、そして大分湯布院も10年以上前に観光で訪れた地。
私の記憶には美しかった景色しかないのだけど、なんだか因縁めいてて思い返してしまう。
そして見ず知らずの土地でないという事が尚更にTV画面を見るたびに悲しさを倍増させる。

この既視感はただの偶然なのだけど、次の5年後は災害が起きないでいてほしい
こんな事を言うなんておこがましいかもしれないが
私も再び就活はしたくないし、しないつもりで頑張るからさ。

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック