FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年05月06日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク


GWの唯一のお楽しみ。
数少ない友人とおしゃべり。

久方ぶりに会う友達とのひと時は楽しくて嬉しかったのだけど
同時に自分の人間関係の狭さに落ち込みもする。

既婚・未婚どちらも高校時代の友人なのだけど、30年経った今でも当時のクラスメートと交流があるそう。
久しぶりに卒業アルバムをめくりながら思い出話に花を咲かせたけれど、友人2人は他の同級生達とランチや女子会をしたばかりらしく、その時にでた懐かしい話題もちらほらと。

私と言えば、そういう友人は全くいなく、唯一交流があるのがその二人。
他の高校時代の友人となんていつ会ったかも思いだせないほど
アルバムを見ても他のクラスの人の人なんて全く思い出も無く、知らない人ばかりなので、ふむふむと聞き、「へー知らなかった」と連発する私に「アンタ、自分のクラスから出てなかったものね」と
他のクラスどころか、自分のクラスでも限られた人としかしゃべって来なかったのだよね。

常々コミュ能力が低いとは思っていたけれど、そんな時代からその傾向はあったんだなーと改めて思ったのだけど、コミュ能力の高い2人はそれぞれの社会を築いて、それなりにプライベートも忙しく楽しくしているようだ。

人の好き嫌いが激しいくせに、会話下手で自分本位な話になりがちで、後から「なんであんな話をしてしまったのだろう・・・・」と落ち込む事ばかりの私には難しい世界。

今回もやってしまった感が満載で、気を悪くしたのじゃないかなと後から後悔

友人たちが呆れずにこれからも付き合ってくれるといいんだけれど。。。

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック