FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年05月19日 (木) | 編集 |
スポンサードリンク


健康診断の結果が届いた・・・
去年ヘモグロビンが9.8だったけれど、さらに進んで9.6になっていた(汗)

食生活を気を付けていたつもりだけど全く改善されず・・・
地味~にショック

と思ったら、さらなるショック

腫瘍マーカーが基準値超えで要精密検査になっていた。
しかも2項目・・・

1つはもともとの持病から高く出るのは判っていたけれど、もう1項目が青天の霹靂。
脳梗塞家系なので、動脈硬化は常々気にしていたけれど、がんについてはあまり気にしていなかった。
思いもかけないトコロから石が飛んできた気分。

p53マーカーは大腸がん、食道がん、乳がんで高く出るそうだけど
はたして????

ショックだけど意外と冷静なのは、必ずしも腫瘍マーカーの高値=がん という訳ではないせいなのか?
それとも現実としてとらえていないせいなのか?

昔は「若いからなんともないよ」って言われたけれど、TVでみるとスキルス胃がんで亡くなった逸見正孝さんって48歳だったんだね。もっと年配かと思っていたけれど、まさしく同じ年じゃないの(汗汗)
そう考えると体の不調がすべてそのせいの様に思えてくるから不思議。
もういつがんになってもおかしくない、若くないって事なんだよねぇ・・・

家族のいないおひとり様

父を看取れば、この世にとどまる理由はさほど無いと思っていたけれど、こういう事に直面するといろいろ考えてしまう

とりあえずまだ死ぬわけにはいかないし、がんかどうかも判らないので精密検査をしてくるけれど、またまた医療費がかかる。
PETなんてしたらいくらかかるんだろう??
たしか4月から紹介状がないと大病院は5000円ほど多くかかるはずだし、個人医院からの紹介でも何か所も廻されるなら最初から総合病院の方がいいかもしれないなぁ・・・とか
がんだったら、常々心配していた保証人問題が現実となるなぁ・・・とか
がんだったら、やっと再就職できた今の職も失うのかなぁ・・・とか

確定診断前から考えても仕方がないけどね。

よく早く死にたいと口癖のように言う人が居るけれど、現実に死に直結する病や死期を告知されたらどう感じるんだろうね。。。

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック