FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年06月21日 (火) | 編集 |
スポンサードリンク


無職から脱して心かけていること。

それは「なるべく体の事を考えた食事をする」という事。

一人で生きていかなければならない身としてはなにかがあって解雇になるまでは働いて糧を得たい。老後のためにも出来れば定年まで全うしたい。そのためには健康第一。もし入院ともなればすぐにその道は途絶えてしまうから。

家にいれば好きなものばかり食べてしまうおひとり様なので、お弁当には野菜を多く入れるようにしている。

貧乏生活で野菜を買うという事は結構大変。
炭水化物に比べて、野菜は高いしね。

ようやく春になり、野菜の価格が下がってきて楽になってきた。
本州産の野菜に加え、道内産の野菜も増えてきた。

ある休みの日

レタスの外葉も勿体ないので、チャーハンに入れた
P6112263.jpg

家庭菜園で間引いた蕪の葉や大根の葉はご飯のお供のソフトふりかけに
P6122270.jpg

冷蔵庫で傷みかけていた大根をエノキダケと炊いてお弁当の常備菜に
P6122271.jpg

料理は苦手だし、自分で作る料理は美味しいとは思わないけれど、健康のためといいつつ、「何かを作る」こういう時間は嫌いではない。

土曜日は支払いをして実家の庭の手入れと家庭菜園
日曜日はアパートで洗濯をして、また1週間のお弁当に備えての常備菜作り。
あっという間に日曜の夜になる。

こうやって私の休日は終わっていく

こんなにやることがあるのに日曜しか休みがなかったとき、どうやって日々を過ごしていたんだろう
確かに自分でこなしていたことなのに、ちょっと不思議に思う。

----------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



----------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック