FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年07月15日 (金) | 編集 |
スポンサードリンク


夜中、苦しくなって目が覚めた。

大きく息を吸い込むと心臓が少し早めに鼓動しているのがわかる。
どうやら睡眠時無呼吸症候群が出ていたらしい。
朝も起きたら軽めの頭痛もして、すっきり起き上がれなかったし、録音していないから何回呼吸が止まっていたかはわからないけれど、こんなに症状がでるのなら昨日は結構止まっていたらしい・・・。

1人暮らしなのに「自分の呼吸が止まっている」とわかるのか
それは以前から何度も教えられているから

昔、週末婚のような生活をしていた時、よく「息が止まっていた」とゆすぶられて、途中で起こされたものだ。

今は本当の一人なので、息をしてようが、していまいが、誰にも教えてもらう事は無いのだけど、息苦しくて自分で目が覚めたのは初めてかも・・・。

という事は止まっていたのは1分くらいか?

ちょっとね、
昨日は自分のふがいなさに落ち込むことがあって、「寝れば朝が来てしまう。そうしたら出勤」というのがちょっとだけ憂鬱で睡眠時間も遅めだったから、知らず知らずにストレスかけていたのかなぁ。

なんだか自分の人生を思うと、寝ているうちにあの世へ行けるなら、それはそれで幸せなのかもしれないなぁと思うようになった。

この先を考えても良いこともないだろうし
10年長く生きても
10年短く生きても
私の人生は大して変わらないよう思えるし。

苦しむことなく、
死の恐怖も感じず
昨日までビンビンと元気で普通に過ごせて
本人も知らないうちに死んでいる。
そういう死に方が理想だなぁ。

でも実際は息が止まってもきちんと目が覚める。
本能というか、生き物の生命力ってすごいよね。

--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック