FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年11月08日 (火) | 編集 |

スポンサードリンク


40代、50代に手が届くようになって、この先もずーっとおひとり様を意識した時、男性と女性では「寂しい」と意識するところが違うんじゃないかなーと感じるようになった。

結構ね、男の人の方が寂しがりや
特に奥さんと別れた人はね。
思い出に生きる人もいるけれど、新しい出会いに積極的に動く人が多い。
60過ぎでネットもスマホももたない人でも出会いを求めてスナックへ出かける人も結構いる。

反対に女性はというと、中には積極的に人に紹介をお願いしたり、見合いをしたりする人もいるけれど、ある年齢以上の人達は1人でいる事を満喫しているようにみえる。
中には「結婚はもういい」という人もいるようだし

ずーっと一人でいる私を見かねてか、昔、言われたのが
「出会いが欲しかったら、飲みに行けばいくらでもある。飲めないんだものな、勿体ない」

独りでいる事は確かに寂しい事だけど、私には飲み屋に行ってまで出会いを求めていない訳で、まして酔っぱらっている人の何をみてその人の人となりが判るのかが疑問だと思うのだけど、そもそも「独りで寂しい」と思うのは、日々の生活ではなく、いずれくる「身寄りのない老後」を想像して寂しくなるので、誰もいない部屋に帰ることや自分で食事を作ることに寂しさを感じている訳ではない。男性の「寂しい」という気持ちはそんな先ではなく「今現在の生活」なんだろうなぁと

確かに誰かと何処かへ出掛けたり
美味しいもの、綺麗な風景、
受けた思いを誰かと共有したいと思う。
何気ない日々のあれこれを誰かに伝えたいとも思う。

私にはそれが必ずしも異性じゃなくてもいい訳で、心から信頼できる人なら同性でいいと思ってしまう。

だけど同性よりも異性にそれを求める人もいる訳で・・・・。
まぁ男も女も同じか。。。うん。

友人を求めるか
それとも恋愛対象もしくは伴侶を求めているかの違いなんだろうけれど。

たぶん男も女も異性に求める人は結婚に前向きなんだろうね。

24時間何処でも買い物ができ、
食べるものが買え、洗濯機も掃除機もあり、
昔と違い、男も女も働きながら一人で暮らすことがさほど不便じゃなくなった現在

独りでいる事の気楽さばかり知ってしまい、誰かと暮らす楽しさを忘れた私はきっとこのまま独りなんだろうなぁと、ふと思ったりする。

-------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



-------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
僕も今「おひとりさま」でその気楽さを感じており、特に「寂しい」と思っている訳ではありませんが、あえて求めるとしたら”伴侶”でしょうか。
これから生活を共にし、一緒に苦楽を共有出来る人・・・積極的に探すつもりはありませんが、「縁」があれば出会えるかなぁと^^;
まあボチボチとです^^
2016/11/08(Tue) 19:40 | URL  | なないろ珊瑚 #mQop/nM.[ 編集]
なないろ珊瑚 さんへ
こんばんわ、コメントありがとうございます。

一人暮らしが長くなると自分の生活のリズムが出来てしまっているので
他人と暮らすというのがハードルが高くなりますね。

なないろ珊瑚さんが求めるのは伴侶なんですね。
本当、就活も婚活も縁ですものね。
積極的に動く人はその縁に出会える機会が多いというのも似ています。

私はどうだろう???

なんとなく一人で生きる事が宿命づけられている感じはします(苦笑)

2016/11/09(Wed) 22:41 | URL  | しま子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック