FC2ブログ
表ブログでは言えない五十路びんぼーおひとり様の心のつぶやき
2016年10月16日 (日) | 編集 |
スポンサードリンク


収穫の秋だというのに野菜がめちゃ高い
いつもなら道産野菜がスーパーの野菜コーナーを埋め尽くし、収穫の秋を実感するのだけど、あの台風被害の影響でそんな雰囲気もなく。
いつもなら大根1本100円、白菜1玉100円で買えるのに倍ほどの値段になって居る。
このまま野菜が高い冬になるのかな・・・

復旧の見通しは立たないところはあるものの、幹線道路は仮橋がかかり、被災地も徐々に元の生活に戻りつつあるらしい。今まで気にはなって居たものの、なかなか行けずにいたけれど入院している伯母の顔を雪が降る前に行こうと思い、珍しくぽっかり暖かくなりそうだったこの週末に遠出をしてきた。

まだ夏タイヤなのでちょっと遅めに出たつもりが思いのほか道路が空いていて、早めについた。

TVでは見ていたけれど、濁流が残した爪痕がまだ残り、思い出の中のせせらぎが見る影もない姿となっていたのを横目でみながら通り過ぎてきた。

伯母の顔を見る前にお寺へ行った。
普段はお盆に行くのだけど、お盆はお寺さんも忙しく、納骨堂で形通りのお経をあげてもらうだけ
今回は時季外れという事もあり、私以外お参りする人がいなかったので、これからの事を相談してきた。

いずれやってくる父との別れ

その時にどうするべきか

この土地へ住んでいたならば、そのまま檀家になっているお寺にすべてを任せる事が出来る。

だけど現実は遠く離れた地が私も父も生活の中心となって居る。
私がまだ車を運転できるうちはいい
年一でもこちらにお参りが出来る。

だけど正直、年を取ればそれもキツクなるだろう。
70くらいになったら峠越えもある長距離運転は自信がない。

父のその時に自分で違うお寺にお願いすることも可能だけれど、お寺にはお寺の繋がりやなにやらもあるだろうし、出来るだけ失礼にならないように話だけはしておかないと・・・・という思いが常々あったのた。

父がまだ存命なのに、死んだ後の事まで今から考えるなんて不謹慎だと思うけれど、その日を迎えたならば色んな事が怒涛のように押し寄せて自分自身が冷静な判断や連絡がつかなくなるのは判っている。
済んでしまってから後悔しても遅いのだから、出来るだけ自分の中で道筋を作っておかないと・・・。

とりあえず、今のお寺を通してすべてを進めるという事で落ち着いた。
父のその時は今の住職にご足労を頂いて進めるが、その後にお寺を移るにしても快く了解を頂いたし、移るお寺もご住職同士知り合いでもあるようなので、あった時にそちらの納骨堂の相場などそれとなく聞いてくれるそうだ。

そうか・・・

今は納骨堂があるけれど、新しく寺を移れば、そっちに納骨堂を買わないとならないんだよな・・・

その分のお金を失念していたわ(汗)
今のお寺にいる限りは納骨堂は使えるし、私に体力の限界が来るまで、今のままお世話になるという方法もある。
とりあえず私にできるのは日々の節約して来るべき日に備えてお金を貯めておくだけ
なんだかんだお寺に2時間ほどいたせいで予定がずれこんでしまたがっ、じっくり話せて良かった。

いつも思うけれど、嫁に行かないから私がこういう事をしているけれど、本来は長男である弟の仕事なんだよね。

手配も相談もお金のことも・・・

思い出すたびに心が乱れるが、私は元々「ひとりっこ」だった
そう思う事にしよう。
弟というものはいないのだ
そう思う方が気が楽だ。


--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



--------------------------------------------------------------------------------

レインボーマウンテン今日もハズれました。
4万人に当たるはずなのに、なんでだろー
明日もポチります



にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック